もうすぐ年金生活~シンプルライフをめざして~

年金生活は未知の世界!今から出来ることは、家計も持ち物もシンプル&コンパクトにすることかも。マイペースで目指していきます。

2017年8月から70歳以上の高額療養費の自己負担額が増えています(改悪です)



高額療養費制度とは?

 

ある月(一日から月末まで)に高額な医療費がかかった時に、

一定の金額(自己負担額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。

以下の図のように、100万円の医療費がかかった時、

窓口負担は30万円となりますが、この制度によって

実際の自己負担額は、87,430円となります。

 

f:id:happyleaves:20170907223218j:plain

厚生労働省HPより引用

 

入院などをすると、医療費の他にも細々とした出費がかさんでくるので、

こういった制度があるのは、本当に助かりますね。

 

2017年8月から高額療養費制度の自己負担額が変わっています

 

70歳以上の限度額が、2017年8月から変更されています。

更に2018年8月からは、もう一度限度額の引き上げが予定されています。

順に表を並べてみます。

 

①2017年7月まで

f:id:happyleaves:20170907225946j:plain

厚生労働省HPより引用

 

②2017年8月~2018年7月まで

f:id:happyleaves:20170907230038j:plain

厚生労働省HPより引用

 

③2018年8月から

f:id:happyleaves:20170907230109j:plain

厚生労働省HPより引用

 

上の3つの表の変化を書いてみます。

2017年7月まで → 2017年8月~2018年7月への変化

 ●「現役並み」の外来上限額が、44,400円から57,600円に増える。

 ●「一般」の負担額が、外来は12,000円から14,000円に増える。

  入院は44,400円から57,000円に増える。

 

2018年8月からは、さらに以下のように変わります。

 ●「現役並み」の場合は、外来だけの上限額がない。

 ●「現役並み」の場合は、年収による区分が69歳以下と同じになり

  上限額も69歳以下と同じ。

 ●「一般」の外来の上限額が14,000円から18,000円に増える。

 

尚、今回は69歳以下の上限額は変更はなかったようです。

 

 

今後の制度の改正も要注意です

これからはシニア世代だからと、一律に優遇されるのではなく

負担できる世帯には、現役同様に負担を求めていくという流れになりそうです。

 

雑誌などの保険見直し相談で、

高額療養費制度があるから医療保険は必要ないでしょうという記事を、

よく見かけます。(わが家は医療保険に夫婦とも加入しています)

 

確かに少し前までなら、その言葉通りなのだと思いますが、

医療保険が以前よりは、少々役に立つようになるのかも知れません。

別の機会に計算をしてみようと思います。

 

高額療養費制度は、まだこの先自己負担額が上がるかも知れない。

また、現役世代としての「69歳以下」の線引きが「75歳以下」に

変わるかも知れない・・・など、まだまだ先の変化は分かりませんね。

 

やはり、しっかりと家計管理をして資産を少しでも増やさないと

いけないな~と思います。

お金なんて何とかなるよ・・・では、本当に困る日がやってくるかも知れませんね。

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。

今日も貴方にとって、いい日になりますように。